社員インタビュー

堀田 向志の写真
堀田 向志
42歳 入社15年目
石川営業所
品質安全管理課課長
まじめで、いい人が多い会社です。
解体業のイメージ変革に取り組んでいます!
僕は同じ解体業の会社から、宗重商店に転職しました。
宗重商店の社員は同業他社と比べて、社員のレベルが高いですよ。真面目な人が多いし、多種多様な人が集まってきています。新卒採用も10年前からやっていますしね。だから社内に活気がありますね。優秀な社員が多いのは、きっと経営者の考え方が影響していると思います。「われわれは単なる壊し屋ではない。お客様に感動を与えるサービス業だ」という思いが社内に浸透されていて、解体業のイメージや、仕事のイメージを変えていくことに全社一丸で取り組んでいるんです。
現場監督として、やりがいのある仕事を任されています!
いま、僕は現場監督として、公共工事などの品質管理、安全管理、工程管理、原価管理などを任されています。大きな仕事も結構多くて、やりがいがありますね。今まで、石川県立中央病院や旧NHK解体工事なども手掛けてきました。解体は、地図に残る建物を作る際のスタート地点ですからね。まずは解体で、建物を建てる土地をきれいに整備する。有名なあの建物を建てるのに、自分も関わったと思うと、誇らしい気持ちになりますね。
堀田 向志の働いている写真
部下の考えを大事にする教育をおこなっています。
部下の教育にも関わっていますが、部下には「自分で考えさせる」ことを大事にしています。
部下に対しては、まず、いろんな解体のやり方を教えてあげる。そして、部下自身の考え、安全面、やりやすさなどを考えて、どのやり方を行えばベストなのか、判断をさせています。そうやって、部下の考える力、決断力、判断力を養わせるようにしています。
みんなが支えてくれますから、未経験でも大丈夫ですよ!
現在、当社へのご入社を検討なさっている方へお伝えしたく思います。未経験からはじめても、周囲の人たちがみんな協力して支えてくれますから、絶対に一人前になれます。安心して、当社にご応募ください、お待ちしています。
二口の写真
二口 夏季
28歳 入社8年目
経営管理室 主任
フランクで明るい雰囲気に惹かれて入社しました。
私は新卒で宗重商店に入社しました。会社見学に来た時に、社内のフランクで明るい雰囲気に一発で惹かれてしまい、宗重商店への入社を決意しました。
新規事業など、いろんな仕事を経験させていただき、
自分の成長を感じています!
現在は営業サポートとして、書類作成準備、見積作成、電話対応、解体工事の近隣住民へのあいさつ回りなど、いろんな仕事をやらせてもらっています。また、以前は経営管理室の新規事業担当として、リサイクル関連事業の立ち上げからマーケティングや企画なども経験させていただきました。このように、仕事を通じて、様々な経験を積ませていただけていることに、会社に対してすごく感謝しています。同世代の人に比べて、社会人としての経験値が高くなったと自負できています。これからは、今までの経験を踏まえて、会社の事業内容に関することをSNSなどを通じて、女性目線でもっと発信していくようなことにチャレンジしていきたいですね。
堀田 向志の働いている写真
社員同士の仲の良さが自慢です。楽しい会社ですよ。
宗重商店の現場で働くスタッフたちですが、まじめで、一生懸命な人たちが多いですよ。早く職長になりたい、大きな重機に乗りたい、いろんな現場をまかされたいと目標を持っている人が多いですね。また、社員同士の仲の良さも、ここの会社の魅力だと思います。懇親会や誕生日会、その他行事やイベントなどにおいて、みんな、年齢や上下関係を気にせず、仲良く話して笑いあっていますね。
吉岡の写真
吉岡 寅芳
38歳 入社15年目
石川営業所 工事課
重機オペレーター
社長の考えや方針がすごく勉強になります!
僕は以前は別の会社で鉄筋工をしていたのですが、宗重商店の人に誘われて、ここに転職しました。僕が宗重商店で頑張れているのは、一重に宗守社長の存在ですね。僕は宗守社長のおっしゃることや経営方針、考え方などにとても共鳴しているんです。社長が考えておられることやおっしゃることはとても勉強になります。だから、ここで頑張れているんだと思いますね。また、この会社の社風はとても風通しがいいんです。誰に対してもなんでも言えます。それだけ人間関係が良好であることも気に入っていますね。
解体の仕事には安全面最優先で取り組んでいます!
解体の仕事は実際奥が深いし、やり方も様々です。安全には細心の注意をもって仕事に取り組めば大丈夫なんですが、自分にとって難しいことを無理して行えば、危険なこともあります。だから、現場では分業を心がけるようにしていますね。自分が不得意なことは他の人にお願いして、自分が得意なことに力を注ぐようにしています。こうやって、現場の安全面と質の高い仕事を実現させています。
吉岡の働いている写真
未経験でも、先輩たちがサポートします。ご安心ください!
未経験で入社しても、仕事への意欲の高い人、仕事にチャレンジする人は先輩たちに応援してもらえます。だから、仕事も一人前にできるようになりますので、ご安心ください。あなたのご応募をお待ちしております。
谷津の写真
谷 津奈弥
21歳 入社2年目
石川営業所 工事課
解体工事作業スタッフ
カッコいい女性になりたかったので、ここに入社しました。
私は以前ガソリンスタンドでアルバイトしていたんです。そのときに給油に立ち寄られたダンプや重機をみて、かっこいいなあと思っていました。私も乗れたらいいなあって。男性のイメージが強い仕事を女性がやっているのって、私、とってもカッコいいなあと感じるんですよね。だから、私もカッコいい仕事ができる女性になりたい。そう考えて、宗重商店のホームページから応募したんです。ひょっとしたら、女性は邪魔扱いされるかも、と少し不安でしたが、宗重商店の人たちはみんな歓迎してくれて。それでこちらに入社となりました。
まじめで、しっかりした人が多くて、
とても刺激を受けています。
入社してみて、解体工って、やんちゃな人が多いのかなとイメージしていたが、全然違いました!まじめなでしっかりしている人が多いことにびっくりしましたね。みんな技能の習得にチャレンジして、いつも先のことを考えている。その仕事に向かう姿勢が、自分にとってすごく勉強になりますね。
谷津 那美の働いている写真
安全面への取り組みはしっかりしているから安心です!
現在、私は解体現場で手元作業を任されています。家のかわらをおろしたり、木材をダンプに載るサイズにチェンソーでカットしたり、手でできる仕事を中心に任せてもらっています。危険なことはまったく無いとはいいませんが、まわりをみて、あせらないこと、周囲の確認を絶対にすること、一緒に仕事をしている相手が危なくないように動くことなどに気をつけていれば安全に仕事ができますね。この会社は安全面の教育はしっかりしてくれる、講義や安全マニュアルなどもちゃんと揃っているので安心ですね。
毎日、できることが少しづつ増えていき、
とても充実感があります!
私はまだ入社1年目ですが、今年の目標は電動工具を使いこなせるようになること。仕事では体力使うし、重いものをもって疲れるけど、毎日が充実しているんです。できることが毎日増えていってますからね。自分の成長を実感できますから楽しいですね
平田の写真
平田 拓規
24歳 入社4年目
石川営業所 工事課
重機オペレーター
宗重商店は石川県トップですから、仕事が途切れません。
毎日、不安を感じることなく仕事に取り組めます。
僕は以前、協力会社のスタッフとして宗重商店の仕事に関わっていましたが、宗重商店の方に誘っていただき、こちらで正社員になることができました。転職してみて、以前の会社とまったく違うことに驚きました。以前は仕事があったり、なかったりして、毎月の収入も不安定だったんですが、宗重商店では毎日仕事がある。そのおかげで毎月安定した収入を稼げる。毎日仕事があるということはものすごく生活や自分の気持ちが安定しますね。ここに転職して将来への不安が無くなりました。
資格費用は全額会社負担で、たくさん取らせてもらえます!
また、入社1年くらいで重機にも乗せてもらえました。同業の会社では若いうちから重機を触らせてくれませんよ。宗重商店はやはり教育力があるから、若いうちから重機にも乗せてもらえるんですよね。また、仕事に必要な資格は、会社が全額費用負担で取得させていただけます。僕も入社以来、車両系建設機械、解体用アタッチメント、ガス溶接、小型移動クレーン、玉掛け、職長教育など、たくさんの資格を取ることができました。資格があればずっと食べていけますからね。会社にはとても感謝しています。
平田の働いている写真
重機操作は快感を覚えますよ!
重機操作は面白いですよ。手でできないことができます。でかい壁を押して倒すときや、建物のでっかい基礎を重機ですくったり、抱えたりするときには快感を覚えますね(笑)。
職長として、仕事にやりがいを感じています。
そして、入社2年で職長を任されました。職長になると、自分で現場を回せるようになりますから、とってもやりがいがあります。職長の仕事は、全体の流れを考え、事故・けがのないように気を配り、近隣住民に対して配慮したり、色々なことをやる必要がありますが、責任感ある仕事だけにやりがいが大きいんです。そして、自分が思うように、現場がスムーズに進んだ時にはめちゃくちゃ嬉しいです。経験知が毎日増えていくんですよね。もっともっと知識や技術、資格を増やして、今よりももっと大きな建物を重機できれいに壊せるようにチャレンジしていきたいですね。
服部 真悟の写真
服部 真悟
24歳 入社3年目
滋賀営業所 工事課
重機オペレーター
ここは仕事が安定しているので、
僕の収入も安定して稼げるようになりました!
僕は以前、土木の仕事をしていたんですが、解体工事を見ていて面白そうだなあと。 重機に乗って、大きな建物を壊して、そこをきれいにするのってやりがいがありそうだなあと思って、宗重商店に転職したんです。入社した当時は体がきつかったですね。けどすぐになれました。入社してすぐに重機にも乗せてもらえたし、先輩たちもフランクに話しかけてくれて、わからないことはどんどん教えてくれました。また、土木の仕事は、仕事があったりなかったりするので、収入も不安定なんですが、宗重商店では仕事がずっと安定してあるし、収入も安定しよくなりました。
服部 真悟の働いている写真
解体の仕事はやりがいがあり、面白い!
もっと大きな重機を操作できるように頑張りたいです!
そんな感じで、宗重に転職してよかったなあと感じていたんですが、転職して4年くらいたった時に、僕は一度ここを辞めたんですよね。他の仕事もしてみたいなあと思って。それで他の仕事に転職したんですが、違う仕事をやってみて、あらためて解体の仕事はいいなあと思い直しました。そして、また宗重に戻ったんです。これからは迷わず、このやりがいある解体の仕事をきわめていきたいなあと思います。滋賀営業所では大きな重機を操作できる人がまだ一人しかいらっしゃらないので、僕がはやくあとに続きたいと思っています。
中祢 瞬佑の写真
中祢 瞬佑
25歳 入社5年目
石川営業所 工事課
重機オペレーター
信用金庫の営業からここに転職しました。
外で体を動かす仕事はとても楽しいです!
僕は宗重商店に入社する前は、地元の信用金庫の営業として外回りをしていたんです。けど、もっと体を動かす仕事がしたいなあとストレスを感じていました。20歳のときに結婚して、子供が生まれたんですが、家族を養っていくのに信用金庫の給料ではやっていけないなあと思い、転職を決意したんです。宗重商店のことは以前から、知人に色々と話を聞いていました。また、会社のフェイスブックページを見て、楽しそうな会社だなあと思っていたんです。そこで知人を通じて、宗重商店の面接を受けて、入社を決意しました。
いい先輩が多い会社で、仕事も色々と教えていただけます。
入社してみて、いい人が多い会社だなあと感じました。わからないことは何でも丁寧に教えてもらえるし、未経験で入社しても、意欲さえあれば、周りの人が手を差し伸べてくれます。
また、外で体を動かす仕事は楽しいですし、仕事も安定しているので収入もいいんです。ここへの転職はほんとうに正解だったと思います。
中祢 瞬佑の働いている写真
お客様から「ありがとう」と言われる仕事で、
やりがいがあります。
信用金庫時代の営業経験を活かして、解体工事現場の近隣住民の方々へあいさつ回りなんかもどんどん任せてもらっていますが、お客様から「きれいになった、ありがとう」と感謝されるときはとっても嬉しいですね。これからも仕事を覚えて、どんどんいろいろな現場を任せてもらえるようになりたいです。
河毛 和教の写真
河毛 和教
41歳 入社13年目
滋賀営業所 工事課課長
解体の仕事に夢中になって取り組み、
今では管理職になれました。
宗重に入社するまでは、土木業や運送業、メーカーの工場など仕事を転々としていましたが、ここに入社して、解体業の面白さに夢中になって、もう13年経ちました。
入社後数か月で重機にも乗せてもらえて、様々な資格も取得して、多くの現場も経験し、いまはおかげさまで滋賀営業所の工事課の課長を任せてもらっています。解体の仕事は面白いですよ、どれ一つとっても同じ建物はありませんから。毎回新鮮なんです。現場が変われば、見える景色も変わりますしね。
メンバーの成長を見守るのは、やりがいを感じます!
現在は工事課の課長として、メンバーに教育を行っていますが、教えることは大変ですよ(笑)。一人ひとり、仕事への興味の度合いも、成長スピードも違いますしね。とにかくメンバー一人ひとりにちゃんと伝わるような教え方ができるように努めています。大変ですけど、メンバーの成長を見守るのはやりがいがありますね。
河毛 和教の働いている写真
高い技術力と、お客様へのサービス、
そして環境への配慮を大切にしています!
宗重商店は解体業ですが、ただの壊し屋ではありません。解体の技術力が高いのはもちろんですが、お客様へのサービスと環境への配慮を大切にしている会社です。メンバーに対しても、安全と近隣への配慮に関する教育を大切にしながら、もっと多くの若手を育てていきたいですね。